<   2012年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

f0185920_22211339.jpg
今、リビングの中で1番お気に入りの場所。
目に入る度にうれしい、いただき物の紙。




f0185920_454016.jpg
f0185920_461886.jpg
f0185920_46072.jpg
おむつはむすこの時と同じLoveybumsでスタート。
当時、色々試した上でウールでかわいいのを探していた時に出会ったメーカー。
久しぶりに真っ白な輪おむつが並ぶ光景はそれだけでやっぱりしあわせで
汚れたおむつをごしごしと洗うのは何とも清々しい気持ち。




f0185920_22214385.jpg
おむつ周り色々。
鈴がついたおもちゃはParisのBonpointで。つまりこちらはおさがり。
透明のふた付きケースはIKEAのKRUS。
このシリーズ、個人的ヒット。薬箱みたいな見た目がお気に入り。






f0185920_22221258.jpg
おむつ周りその2。
コットンを入れているのもKRUS。
ACORELLEのベビークレンジングウォーター(bio)や、お湯を入れた保温マグ。
今は朝1番にハーブティーのお湯を沸かすんじゃなく、まずおしり拭きのお湯を沸かす日々。
日に日に春めいてきているとは言え朝晩はまだ冷え込む2月。
これも、冬うまれには欠かせないもの。
おもちゃはやっぱりParisで買った物やコペンハーゲンで買った物も。
手前のりすは日本製。
by bonbonbunny | 2012-02-23 22:24 | bébé
f0185920_22253055.jpg
f0185920_2319414.jpg
f0185920_2320961.jpg
上から
ずっと欲しかったbaileysのキャンドル。
彼に出生届を提出してもらったmercredi、かみ合っているようないないようなメールを往復し
選んだのはラグラス&スカビオサ。隣はbaileysのリネンウォーター、ラベンダーの香り。
bebeへのはじめての絵本。
by bonbonbunny | 2012-02-23 22:10 | etc
f0185920_17124326.jpg
f0185920_17143360.jpg
f0185920_17144493.jpg
f0185920_17151084.jpg
新生児ってこんなによく寝たっけ?というくらい昼夜問わずよく眠るbebe。
それもまとめて数時間。
そんなだからbebeが起きる前にわたしのおっぱいの限界が先にくる。
そして起こさなければいつまでも眠っていそうなその熟睡ぶりについ甘えて
あれやこれやと動いてしまい、いつの間にか時間は過ぎていく。
子が2人なんて、きっと漫画のようにドタバタするものだと思ってた。
今はあまりにおだやかな日常。
「たぶん明日の夜くらいからスイッチが入ると思うよ。」
初日の夜、夜勤の助産師さんから言われた言葉。
あの日からいつくるかいつくるかとちょっぴりドキドキしていたけれど、
退院後もこのペースは変わらずでこれも個性なのかな、と。
でも、いつかくるその時のために今はなるべく体力温存。

最近、午後は決まって一緒に寝落ちしてしまう。
産後当分はできないと思っていたお昼寝をほぼ毎日。
起きた時はああまた寝ちゃった、と思うんだけど
こんな時間、人生の上で本当に一時のこと。
boysに挟まれて眠るのが今はたまらなくしあわせ。
そして新生児期なんて本当にあっという間に過ぎておわってしまうから
1日1日をじっくり楽しみたい気持ち。2人目の心の余裕ってすごい。
里帰りをして上げ膳据え膳だった前回が嘘のよう。
やっぱりスタートは自分の家がいい。
退院した金曜日からヘルプに来てくれたママンも火曜日には帰り
家族4人での生活が始まった。
3人から4人。
1人目とはまた違う、家族が増える喜び。
病み付きになりそう。

それにしても、こうも似るのかと感心するほどむすこのうまれた時と瓜二つなbebe。
ちょっとした仕草も表情も双子のようによく似ていて兄弟って不思議。





f0185920_1716452.jpg
cdを充実させたい今日この頃。
しばらくはお家中心の生活。
お出かけ三昧だったmercrediは一旦休憩です。

次に観たい映画は何と言ってもMidnight In Paris!
アレン作品で、舞台がParisで、M・コティヤールだなんて(大好き)
万一内容がアレでもカバーできてしまうずるさ。
実際のところ去年欧州方面では大変評判がよかったので
大いに期待してしまっているけど。
さて日本公開はいつ?
by bonbonbunny | 2012-02-23 14:50 | bébé
f0185920_2273525.jpg
出産前日の午後。
まだほとんどが蕾だった梅の木。
今頃綺麗に花を咲かせているだろうか。




f0185920_228844.jpg
陣痛の間隔を見ながらお向かいで手を合わせる。
「じょうずにうまれてきますように」
「はーやくでておいで!」




f0185920_2283039.jpg
37wに入ってからはウォーキングも兼ねてとにかくお散歩。
エスカレーターやエレベーターを避け常に階段を利用。
もしかしたら2人きりでのお散歩は今日が最後になるかも
と思ったらいつもの道も、目に入って来る景色も、その時の何でもないおしゃべりも
何もかもが特別に思えてならなかった。
もう2度と戻れない、宝物のようないとおしい時間。
39w3d。新しくうまれてくる命への楽しみな素直な気持ちと
胸が締め付けられるようなさみしさを感じてた。

前の週に病院を出る時、次にここへ来るのは健診じゃなくて産む時!と
おまじないのようにむすこに話したことを思い出しながら。




f0185920_229223.jpg
f0185920_2292134.jpg
f0185920_2293193.jpg
寒くて寒くてデパートに移り、買い物を済ませていつものように夜ごはんを作る。
むすこにはリクエスト通り絵本で見たお子さまランチ風に。
日付けが変わる頃には好きなキャンドルを灯しながらハーブティーを飲んで
まだ大丈夫、と眠れない一夜を過ごした。10分間隔。

その日のお昼前、bebe誕生。
全てのタイミングがよく10日経った今でさえも夢をみているような気がしてしまう。

初期のつわりの頃から何度となくわたしの身体を気遣い、優しい言葉をかけ続けてくれたむすこ。
バスと電車を使って行く妊婦健診はいつも2人で通った。
その病院を選ぶきっかけになった助産師長とは、
最初こそ照れていたけどいつの間にかすごく仲良しになっていた。
思えば健診はほとんど師長に会いに行っていたようなもの。
それくらい彼女の存在はわたし達親子にとって大きかった。
お兄ちゃんになった日、初めて襟付きのシャツに袖を通したむすこは
いつもよりぐんと成長して見えた。

そしておなかの中でわたしの言葉をよく聞いて絶好のタイミングで出てきてくれた
bebeには感謝の思いしかない。
わたしはこの子に一生頭が上がらないだろうと思う。




退院する日の朝。
師長から住所を聞きにきてくれた時はとびあがりたくなるほどうれしくてまた涙。
入院中に下のフロアのローソンで購入した、師長が監訳を務める700ページをこえる本は
わたしにとって初めてのちゃんとした育児書となった。

すてきな病院と助産師の方々に出会えたことは幸運だったとしか言いようがなく、
本当にうれしく思う。

More
by bonbonbunny | 2012-02-23 14:27 | 3ans
f0185920_22132349.jpg
39w4d。
lundi。週の始まり。
3416g 51.0cm 元気なboy!

信頼している大好きな助産師長と家族に見守られ、
無事に安産でのお産。
いとおしい存在が、また1人。

More
by bonbonbunny | 2012-02-23 14:08 | bébé
f0185920_015575.jpg
2日続いた雨もすっかり上がったmercredi。
new york grillでランチ後、1Fのギャラリー1に降り1月30日で生誕100周年を迎えたFinn Juhlの記念展。
実際に触れて座ることができる上、写真撮影も自由、更には入場free!
小規模ながらも1940年以降の現行品や今後復刻される作品のプロトタイプ約50点が展示されている。

More
by bonbonbunny | 2012-02-10 00:27 | art & design
f0185920_09727.jpg
f0185920_095916.jpg
パークハイアットにて
ピンクペッパーにホワイトチョコレートをコーティングしたBOVETTIの粒チョコレートと
MORENO CEDRONIのキウイジャム。
どちらも美味しい。
氷のような瓶にかわいいおめめパッケージの期待を裏切らないこのジャム、
他にはブラッドオレンジやパイナップルなど。
今日は大好きなbebe(デュヌラルテ)と一緒に。
by bonbonbunny | 2012-02-10 00:10 | sweets
f0185920_05367.jpg
買っちゃった買っちゃった。
さようならRMK!
しばらくはこれでいく。
by bonbonbunny | 2012-02-10 00:08 | beauty&care
f0185920_0114862.jpg
なくなりかけていたハーブティーと買い忘れていたミシン糸、ファンデーションを求めに伊勢丹。
限られた時間の中ぷらぷらしていると、5FでModern Texture Exhibitionが。
Alexander Girardのグリーティングカード(60-70s)があまりにかわいくてまとめ買い。
手前の青ばかりを。
下に敷いてるSwedenのくまのはぎれもここで。
あ、また布増やしちゃった。。
Eamesのブロックセット(立体パズル)もかわいかったなー。


f0185920_0122936.jpg
裏はこんな感じ。




f0185920_013482.jpg
ABCでapartamento Issue8とムナーリがtextを手掛けた小さなモノクロの写真集。
74年から81年にかけて撮られたこどもたち。
絵本はタイトルに惹かれて。
お目当てだったMike Millsのドローイング集は結局amazonでオーダー。
by bonbonbunny | 2012-02-10 00:03 | magazine & book
f0185920_1732111.jpg
" Beginners " trailer

待ちに待ったBeginners封切り。

誰かと正面から向き合い、愛を長続きさせられないアートディレクターを務める
38歳の独身男性(Ewan McGregor)と、75歳にして息子にゲイであることをカミングアウトし、
残された時間を自由に生きると決意した父親(Christopher Plummer)の物語。
実体験を基に、父親が亡くなって半年後に脚本を書き始めたという監督のMike Mills。

大きな展開はないけれど思わぬ場面で涙がこぼれてしまうやさしい作品だった。
はじまりがおわりで、おわりがはじまり
監督のメッセージが素直に響く。
人はいくつになっても自分の気持ち次第で新しいスタートを切れるのだ。

Ewan McGregorの相手役にMélanie Laurent。
Klapischの映画「Paris」でもその美しい存在感に目を奪われたけど、相変わらず彼女の美しいこと。
ただ美しいだけじゃなくどこか陰を感じさせる寂しげな表情がまたいい。
ゲイとカミングアウトした父の恋人役のGoran Višnjićもこの役にぴったりの俳優でよかった。
彼のことは初めて見たと思ったけど「New York, I Love You」で
Orlando BloomやChristina Ricciと共演していたんだ。

Beginners、dvdが出たらもう1度観たい。
音楽もかなりよかったのでサントラは買うと思う。




f0185920_1734182.jpg
f0185920_22123830.jpg
Mike Millsのイラストって本当にお洒落。
by bonbonbunny | 2012-02-06 15:50 | cinema