カテゴリ:food & drink( 13 )

f0185920_23364146.jpg
お揃いのお箸は秋頃、casa BRUTUSのポップアップストア(@cibone)で見つけた福山修一さんの削り箸。
上から、むすこ、わたし、彼。
だいぶ使い込んで色が濃くなってきた。


f0185920_23411430.jpg
飾りに使った花や葉の余りはまとめてベースへ。



f0185920_23372070.jpg
今年のおせちはいつもの紅白なます、たたきごぼう、八幡巻き、お宝巻き蒸し、
海老のうま煮、伊達巻、いり鶏、お雑煮 に加え
ゆず大根、追羽根にんじん、大根葉のふりかけ、サーモンの塩焼き、隙間に菜の花。
お雑煮と大根葉のふりかけは実家の味です。
材料は完璧とは言えなかったけど、例えばお宝巻き蒸しは銀杏やたけのこを入れなかった代わりに
とうもろこしを入れ、玉ねぎはすりおろすところを半分はみじん切りにして食感を残してみたり
ちょっとだけ工夫。
これに辛子とお醤油をつけて食べるのが何とも美味しい。





f0185920_23374972.jpg
f0185920_23414361.jpg
f0185920_23415313.jpg
f0185920_23421684.jpg
f0185920_23422892.jpg
f0185920_2342369.jpg
去年のバタバタを反省して、今年は30日から準備をした甲斐あって
元旦の朝、ゆっくり重箱に詰めていくことができた。
有元葉子さんも仰っていたようにこの詰めたり飾ったりの作業、
2度と同じようにはできない、と思う。
その年、その時のリズムというかひらめき(大袈裟に言うと)で手が勝手に動いていくから
どんな風に仕上がるのか自分でも最後まで読めない。
でもそれもまた、おせち料理の楽しいところ。
今年は金柳を飾る場所に悩んだけど、柚子の下に敷いたらしっくりきた。




f0185920_0165140.jpg
翌日は実家の新年会。
1品1品を少しずつ、重箱1段とプルヌッカに詰めて持って行く。
おせちを自分で作るようになってからママに味見をしてもらうのも恒例行事。

麻の葉、梅、ひょうたん、松の皮、竹 の5種類の縁起柄、
1歳のバースデーで一升餅を背負わせる時に使った切り継ぎ風呂敷に包んで。
by bonbonbunny | 2012-01-05 23:37 | food & drink
f0185920_15263092.jpg
ジャムはすっかりprunottoビイキだったのだけど、
お気に入りのビルベリーがここ数ヶ月ずっと欠品していて
なかなか入荷連絡がこないからとうとう浮気。
このいちごジャム、想像以上に美味しかった。
中身はいちごと粗糖のみでシンプル。EATALYにて購入。
おとなりCLIPPERは寒さに負けてつい。。
暑さが戻ってきたなどと書いた翌日にあんなに冷え込むなんて!でもこちらはたまーにね。
基本は「白湯」でいきたいと思います。。

f0185920_15303176.jpg
ちょうど去年の今頃、それを目的に買ったポット。久しぶりの登場。
(一時フラワーベースにしていたのはここだけの話)
by bonbonbunny | 2011-10-20 15:27 | food & drink
f0185920_132743.jpg
f0185920_133692.jpg

ミニSLを乗り倒した後、
倒れそうなほど美味しいキャロットケーキ
この日の最後の1つをオーダー。セーフ!
またすぐに食べたい。
こんどは1個丸ごと。 @Rose Bakery Marunouchi


f0185920_134064.jpg

Rose Bakeryのそれとは全く異なるけど、これも我が家では今や定番の
キャロットケーキ。レシピは友達より。
家にある材料でぱっと作れて美味しくて、むすこも大好きだからついリピートしてしまう。
きび砂糖とシナモンパウダーがポイント。

隣はAccess to TooLs展で見つけた黄色い和綴じのアーティストブック。
2匹の黒猫、MittensとGlovesのドローイング。
中はサインペンの裏写りをあえてそのまま再現していて、手作り感がgood。
黄色に黒というのもたまらない。
あとは陶芸家、鹿児島睦さんの木版プリントの花のハンカチを購入。(写真下)
道具展ということで、あれば花切りはさみが欲しかったのだけど
私にはちょっと本格的過ぎるタイプしかなかったので、今回は見送り。
Playmountainが出していたドイツの美しい青と黄色のサンドタイマー(砂時計)に
ちょっぴり未練。

f0185920_3512663.jpg

by bonbonbunny | 2011-03-08 00:07 | food & drink
f0185920_102296.jpg

春一番が吹いた日、ぽかぽか陽気につられて久々にレモネードを作った。
まさか自分でも2月に作るとは思わなかったけど。
この日はちょうど来客があって喜んで飲んでもらえた。
甘酸っぱい自分好みのレモネード、また作ろう。
ちなみに決まったレシピはなくていつも目分量。
もう、3月。


f0185920_193776.jpg

by bonbonbunny | 2011-03-01 23:05 | food & drink
f0185920_3112840.jpg
新年はピンポンマムと木瓜の花で紅白でおめでたく。



f0185920_3115434.jpgf0185920_3121116.jpgパパの里芋の中にこんな形のものが紛れていた。



f0185920_313844.jpg
とりあえず今年もお雑煮を入れて12品。
一昨年の冬に録画した有元葉子さんの回のきょうの料理を参考に、
自分で取っておいたメモを見ながら。
反省点諸々、いり鶏にたけのこを、お宝巻き蒸しにぎんなんを入れ忘れた。
栗きんとんがゆるかった。
お雑煮のなるとは直前まで忘れていてぎりぎり思い出し、セーフ。
お雑煮だけは実家の味で作っています。野菜多めが実家風。

反対に八幡巻きはごぼうとにんじんのバランスが去年より上手くできたのと、
れんこん、にんじんの飾り切りに慣れた。(座ってやったのがポイント)
来年はもう少し減らすか、1日早めの準備が目標。





f0185920_322470.jpg

みかんを横に初お昼寝。
この時私はまだおせち作りの真っ最中だったけど、むすこが寝る間は彼も手伝ってくれて、
海老のうま煮、田作り、お雑煮の味付けを託しました。






f0185920_3133559.jpg
本来は朝か、遅くてもお昼には食べたかったおせちだけど、見ての通り外は真っ暗。
まだ夕方だったけど立派なおせち"ディナー"となってしまったのでした。
去年は簡単に口をつける程度だったむすこも今年はほとんど食べることができ、
特に田作りと栗きんとんを好んで食べる姿はなんとも微笑ましく。
そして伊達巻は味見の段階で飽きてしまったのかほとんど口にしなかったり。
意外に紅白なますを気に入ってくれたり。

この日、むすこにはせっかく元旦なので伊勢で買った初めてのお箸をおろしました。
おせちってこどもの頃は全然好きじゃなく、むしろ苦手だったけど
自分で作るようになってやっぱりお正月は家族でおせちをつつきたいなあ、と改めて思う。
年に1度だからよいのかな。

今年のおせち飾りは南天の実と麦と金柳でした。


翌日2日はたっぷり眠ってから夕方、お向かいに初詣。
提灯が並んで、人がたくさん集まって、お焚き上げの煙のにおいに新年を感じる。
夜は私の実家での新年会。総勢14人、親戚が肩を並べ、食べて笑って
お酒で潰れて寝ちゃうおじさんやおばさんもいたりしてひたすら和やかなお正月。
むすこは私が昔使っていたピアノでピアニストになり、場を盛り上げてくれた。

3日は彼の実家の新年会で祖父母の家に集まり、お年賀で持って行った
ガレット・デ・ロワを食べ、夜はそのままお義母さんたちと義兄ファミリーとで和食ディナー。
小1の優しい甥っ子がいるおかげでむすこは終始うれしそう。
この日もまた、賑やかで楽しい夜でした。

ちなみに行きの電車にて。
隣に座る女性より、お決まりの
「おじょうちゃん?おぼっちゃん?」

この質問はいつまで続くのでしょう。




そういえば毎年実家の玄関には亡き祖母の手作り羽子板が飾られる。
そんな光景がまた一層、お正月気分を高めてくれたりします。
おばあちゃんありがとう。
by bonbonbunny | 2011-01-07 01:10 | food & drink
f0185920_3163180.jpg
f0185920_3171495.jpg
f0185920_3172687.jpg

結婚3周年。
今年も式を挙げた鎌倉にて、2人きりのディナー。

山の上にあるお宅の一室で
お父さん と呼びたくなる (いや、呼びました)陽気なシェフの
心のこもった、旬のあれこれのおもてなしと楽しいおしゃべりに、
お腹も心もたっぷり満たされる。
ノンアルコールだって全然良いのだ。

月並みだけどいつもありがとう。
これからもどうぞよろしくね。


(こんなのれんがかかっていながら、正統派フレンチレストランです。
BB好きのお父さん、ラブリー!)
by bonbonbunny | 2010-09-27 01:08 | food & drink
f0185920_423328.jpg


特に写真を撮るようなものでも何でもないけれど
おせち用に買ったこの小さな御重が気に入ってるので撮ってみた。
中身はかぶの葉のふりかけ。

母の味と言えば色々と思い浮かぶ。
中でも、私はママがよく作ってくれた大根葉のシンプルなふりかけが大好きだった。
大根の葉ってスーパーじゃなかなか手に入らないから
八百屋か、パパの育てた大根か、って感じでたまにしか食べられないんだけど、
冷蔵庫にあったかぶの葉っぱを見てふとあの味が懐かしくなり、作った。

お醤油とみりんとしらすとかつおぶし、胡麻油で風味付け。
いたって簡単、シンプルな内容のふりかけ。
私はお米が大好きだからこんなので十分ごちそう気分を味わえる。
by bonbonbunny | 2010-01-17 01:17 | food & drink
f0185920_157548.jpg

Dr. Stuart'sのハーブティーはパッケージデザインのシュールさがすてきな上に
ちゃんと美味しくて好き。誰かと会う時のお土産にも良いし。
成城石井で買います。
1番右はトルコ土産。こちらは定番アールグレイ。


f0185920_2295994.jpg

最近どこのお花屋でもチューリップやラナンキュラスが並び始めた。
お花業界はクリスマスに混ざって早くも春がちらほら。
そういえばfashionの方ももうSSコレクションの時期。
冬大好きな私としてはまだまだこれから冬を楽しみたい気持ちで
春物のことなんて考えられないけど。
だからってポインセチアって気分でもなかったので、今日はチューリップばかりを10本。
昔ダメだったチューリップ。かわいい。
by bonbonbunny | 2009-12-06 00:56 | food & drink
f0185920_225222.jpg
f0185920_2253983.jpg
f0185920_2255594.jpg
1ヶ月後はもうクリスマスイヴ。
ホットワインが美味しい季節到来。
お酒に弱い私はあっという間に酔っぱらいです。
かれこれ2年ぶりなわけでなんだか懐かしい味だった。

ロボットのマグはイギリスのBig Tomato Companyの物で今1番のお気に入り。
ミネラルウォーターを飲むにもココアを飲むにもこれ。
by bonbonbunny | 2009-11-24 00:37 | food & drink
先週は彼のbirthday、結婚記念日とイベント続きでした。
この2つが終わったらあっという間に10月。

記念日は午後から友達と映画館へ。
(babyが生まれてから映画を観に行くのは2回目。
前回は「それでも恋するバルセロナ」今回は「プール」)
映画の中で洗濯物を干すシーンがあるのだけどあれはまさに私の夢だった!
広い綺麗な緑の中で棒じゃなくてロープに洗濯物が並ぶあの感じ、かなり憧れる。
映画後はNewyork Grand Kitchenで色々お互いの近況話。
偶然にも去年の記念日も同じように同じ友達と映画を観て過ごした。
夜も去年と同じ、鎌倉でdinner。
今と違うのは、babyはまだお腹の中にいたこと。
あの頃は何ヶ月も続いた酷いつわりからようやく解放されて
妊娠中1番良い時期だった気がする。

今年は彼の希望でフレンチだったのでいつかそのうちと思っていたAtelier De Vivreを予約。
彼はおまかせコース、私は通常のコースを頼む。
元々評判が良かったから期待はしていたけど、まさにアミューズから最後のデザートまで
終始その美味しさに感動しっぱなしだった。思っていた以上の味。
また、私が彼にフランスパンを交換してもらったのを見ていてくれたのか
おかわりの時さりげなくはじっこを(私ははじっこが好き)出してくれたりもして
そういう気遣いが嬉しかったな。
出来れば季節が変わる度に行きたいくらい美味しかったので、とりあえずここは再訪決定。

レストランを出てから彼の提案で少しだけ外の路地をぶらぶら。
夜はすっかり涼しくなって肌寒いけれど彼の手がぽかぽか温かくて何かほっとする。
そういえば手をつないだのなんて久しぶりだったかも。


f0185920_0481199.jpg実家へ帰ると、かわいいbabyの寝顔が
待ってた。

すてきな記念日と美味しいお料理を
ごちそうさま。
by bonbonbunny | 2009-10-02 00:57 | food & drink