vintage kettle

f0185920_0553541.jpgケトルを新調した。
今までずっと使ってきたkaicoの琺瑯ケトル。使い始めからそのケトルの最大の魅力とも
いえるウッドの取っ手を焦がしてしまった私。
生活には欠かせない、毎日使う物だから
キッチンに立つ度に目に入って常々気になっていた。けど機能としては十分なのと、
広口タイプで洗いやすかったのもあって
そのまま使い続けてきた。だから、特に探していたわけじゃないんだけど、偶然状態の良い
vintageのケトルを見つけてしまった水曜日。現行品じゃないだけに今逃したらもう出会え
ないかもしれない。
ちょうどもうすぐ新しい年も始まるし。
とか何とか、理由をつけて彼に承諾を得て
やっと買い替える決心がついた。
この佇まい、無駄のないシンプルな北欧らしい
デザインに惚れ惚れ。

今まで琺瑯だった分ステンレスが思った以上に新鮮。
Nils Johan (SWEDEN 1960)
by bonbonbunny | 2009-12-06 00:49 | kitchen item